ご来訪ありがとうございます。
by math90
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


暗記

数日前の新聞に、「円周率暗唱83000桁、自己世界記録更新」という記事がありました。83000桁? 暗唱? 原稿用紙207枚と半分に埋まっている数字を順番に覚えているというわけです。どのように? いや、どうして? ・・・とにかく記録更新おめでとうございます。

つい最近まで、教育現場で「暗唱・暗記」が敬遠されていました。いわゆる偏差値教育への批判からです。今の小学生は暗記が苦手です。「1回読んだけど覚えられない」と真剣に訴えてきます。「それなら、あと100回読んでごらん」と言うと驚きます。こうなると、もう「苦手」という言葉は当てはまりません。暗記を「知らない」といったほうが正しいかもしれません。

暗記の訓練をしていない子供は、興味のないことに対して、意識して暗記することができないし、暗記することをひどく嫌がります。面倒がります。その状況は、大人の想像を超えています。このことをもっと認識したほうが良いと思っています。自分にとって、興味が無くても、難しくても、覚えるべき時には覚えなければならない、という状況は、社会に出たらたくさんあるはすです。彼らは、二十年後の社会を支えていくのですから。

一方で、中学受験をする6年生で、トップ校を狙う子供たちは、平方数(注1)や3.14の段(注2)は軽く覚えています。彼らは、「だって、覚えていたほうが、計算するより楽でしょ。」と、屈託なく笑います。

子供にとって暗記は大人が考えるより苦にならないはずです。流行の歌やゲームなら、瞬く間に覚えてしまいます。彼らは、自分の興味のあることは、無意識に暗記できるのです。もともと、子供は誰もが皆、優れた記憶力を持っているのです。潜在的に持っているその力を伸ばしてやらねばなりません。

記憶力も筋力の一つと思います。鍛えるべきときに鍛えるもの。鍛えていないから、使えない、使うのが面倒になるのです。鍛えるなら早いほうがよいですよね。

(注1) 11×11,12×12, 13×13, 14×14, 15×15 …  
(注2) 3.14×1, 3.14×2, 3.14×3, 3.14×4, 3.14×5 …





 
 にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by math90 | 2005-07-07 18:45 | ゆとり教育
<< 家庭の役割 テスト対策 >>