ご来訪ありがとうございます。
by math90
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


「センター試験 解答用紙、書式見直しへ」 ~読売新聞~

  ------------------------------------------------------------
 大学入試センター試験の採点時、センターが23年間にわたり、受験番号の記入ミスをした受験生を救済していたことについて、小坂文部科学相は26日の閣議後会見で、記入ミスを防ぐため、センターに解答用紙のマークシートの書式を見直すよう指示したことを明らかにした。
 小坂文科相は「長い間勉強してきた成果が、単純ミスですべて失われるのは、あまりにかわいそうで、救済を行うことは否定しない」と述べ、センターの対応に理解を示した。その上で、解答科目のマーク漏れは一律0点として処理されていることにも触れ、「不公平につながらないよう選択科目の記入欄などを工夫してほしいとセンターに指示した。ミスが起きないようなセーフティーネットを張るべきだ」と語った。
 今春のセンター試験では、受験番号の記入漏れや誤記が約7000件に上り、センターはミスをした受験生をすべて割り出し、通常通りの採点を行った。   (2006年5月26日 読売新聞)

  ------------------------------------------------------------

センター試験の救済処置に続いて、セーフティーネット案、少々過保護な気もします。大学入試センター試験を受ける世代は、既に「子ども」とは言いがたく、世界的に見れば、その年齢でまだ教育を受ける機会があること自体を感謝すべき年頃と思います。自分の受験番号くらい、自分の責任で記入してもよいのではと思ってしまいます。


文科相が教育的配慮をするならば、公立小学校の学習内容との違いが大きく、小学生には相当な負担となっている中学受験のあり方に対してではないでしょうか。
[PR]
by math90 | 2006-05-28 14:30 | ニュース
<< にほんブログ村、退会しました 時間は後ろを向いて進んでいる! >>