ご来訪ありがとうございます。
by math90
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


「“家庭回帰”する父親たち」 

-----------------------------------------------------------------
  「“家庭回帰”する父親たち」
小学生の子どもを持つ親をターゲットにした「キッズ雑誌」が人気を集めている。発行部数は合わせてこの一年で約300万部。子どもによる事件や不登校、ニートの問題など子どもを巡る問題が増える中、30代の団塊ジュニアの世代を中心に起きている父親の「家庭回帰」現象が背景にある。   ~(中略)~
父親の役割をどう果たせばよいのか、仕事と家庭の両立をどう図るのか、模索する父親の苦悩を追う。
       ( 9月21日(木)放送 「NHKクローズアップ現代」より )

-----------------------------------------------------------------

これまでの日本は、子育てに於いて、父親が参加せず母子密着が強く、父親に対して、家庭への回帰が求められてきました。そのような中で、子どもによる凶悪犯罪や、ニート・引きこもりの問題から、昨今、親の役割について悩む父親が増加したとのこと。孤立する母親、あるべき姿が分からない父親、家族のあり方が多様化している中で、親のあり方とは何なのかを問う内容でした。



確かに、最近の書店では、以前なら、「マネー」、「車」、「株」などの見出しの雑誌が並んでいたビジネスコーナーに、「子ども」「教育」「学校」などの見出しが、目に付くようになりました。

番組では、子どもとの関わり方に不安を感じ、このような育児情報誌を参考にされている方、子どもへの適切なアドバイスの仕方に悩み、グループで勉強会をしている方々などが、紹介されていました。

皆さん、熱心で、よいお父さんばかりでした。父親が、子育てに関心を持つことは、とても素晴らしいことと思います。ところが、皆さん、なにか自信なさげに見えてしまいました。

「子どもとの接し方が分からない」のは、父親に限ったことではありません。家庭で常に子どもと接している母親でも、教育現場にいる教師でも、子どものことが分からない時期や不安な状況は、多々あると思います。

どんどん成長し、変化していく子ども達との接し方は、きっと、どんどん変わっていくものと思います。子育てをするということは、その変化に対し、親自身が、悩み、考え、行動し、失敗したり、やり直したりする、その模索している姿を子ども達に見せること、でもあるような気がします。


この10年で、家族のあり方、子どもたちを取り巻く環境も、激変してきました。けれども、子育てと教育の現場にいる私には、子どもたちは、昔と変わりなく、親(大人)をよく見ていると実感しています。「親の背中を見て育つ」という言葉は、まだまだ生きている言葉と思います。

子どもとの会話が減って悩んでいる親の姿を、子ども達と文化の違いを痛感して戸惑っている大人の様子を、子ども達の方は、じっと、よく見ているように思います。


子ども達を理解するためには、育児雑誌の情報も、ある程度必要でしょう。けれども、恐れることなく、「自分らしく」子どもと関わっていくことが、結局、子供たちに対して、最も説得力があるように思います。

子どもとの関わりに悩むお父さんがたは、まず、子育てに対して、自分に対して、もっと自信を持ってよいのではなか、と番組を見ながら思っていました。
[PR]
by math90 | 2006-09-25 00:12 | 教育・子育て理念
<< 漫画教科書 これってホメことば? >>